くすぐりの手が這い回るのだ【AI.DOLLAthleteVol.005】

AI.DOLLAthleteVol.0050

AI.DOLLAthleteVol.005

 

おすすめ作品ピックアップ

AI.DOLLAthleteVol.005 作品紹介

memo

*本作品はStable Diffsuionで画像生成したグラッフィック作品です。
§Code name Rena§
あらすじ

◆Code name Rena
なんだか物騒なミッションに駆り出されたようなのだけれど、スパイ映画の主人公にでもなった気で今日も灼熱のビーチをものともせずトレーニングに励むのだ。
白石玲那24歳、春高バレーを連覇に導いた絶対的エースで、その後大学の強豪校チームで活躍を期待されたものの膝関節の靭帯断裂により前線からの離脱を余儀なくされたのだった。その後リハビリではじめたビーチバレーに第2のアスリート人生を見出した。卒業と同時に実業団のチームに新天地を求め、更には全日本の強化選手に抜擢されこのクソ暑い中練習に精を出していると言うわけだ。

◆くすぐり罰ゲーム
ひっきりなしにあちこちから伸びる手にくすぐられ、半狂乱でノタウツ肢体が躍動する。中にはどさくさに紛れて胸の膨らみや股間のお饅頭をムギュッと摘んでくる輩もあとをたたない。
「やだーどこ触ってんのよ!この変態!!」
「ああああっひゃあああ!!もーやだぁぁあっ!」
くすぐりの手から逃れようとくねるたび、両胸を上下左右にフリフリと踊らせる。特に股間の付け根を強く揉まれると刺激が倍増した。
「もぅ……らめぇぇぇ……」
次から次から襲いくるくすぐり地獄に流石の玲那もグッタリとする。敏感になり過ぎた身体中を見知らぬ観衆の手が這い回るのだから、その表情もやがて官能の疼きに支配されてゆくのだ。

◆プロジェクト始動
石上がマシーン横のパネルのスイッチを入れるとガチャっと言う音と共にペダルに乗せた玲那の足首に足枷が、ハンドルからガシャリと手枷がかけられた。
「やだーなんっすかコレ?」
石上は更に操作パネルのダイヤルをカチカチ回すと何と前輪がゆっくりと回転し始める。
「あはっ やだやだー」
タイヤが回転する度にシリコン製のスパイクが玲那の股間のスリットに沿ってコリコリと弾いてくるのだから内股に身悶えしてしまう。
「はぁはぁ……もうだめ……」
完全に脱力し、マシーンに背中を預けたその瞬間であった。突然マシーンは急加速を始め、前輪のスパイクがスリットと小豆ちゃんを激しく弾いたのである。
「きゃあっ!!」
余りの刺激の強さに思わず悲鳴を上げてしまう。そして次の瞬間には再び絶頂を迎えていた……だがマシンはまだ止まらない。今度は逆回転を始めたのだ。
「いやーっ!もうやめてー!」

◆猥褻機械
石上がスイッチを入れると再びディルドがゆっくりと膣内へ押し入ってくる。
スイッチを入れると玲那はまた絶頂を迎える。
「あひぃー!イクッ!」
ピストンのスピードが徐々に速くなる。
「いやっ!だめっ!もうやめてぇー!!」
ヴィィーン!!ヴィィーン!!
「あひぃー!!イグゥー!!」
7「お願いぃ!もう許してぇぇー!!」
ピストンの振動に体をのけぞらせながら8回目の絶頂を迎えた。

■1024×1536 短編小説 12Page+CG写真集=417Page
●本作品のAI画像生成ツール:Stable Diffusion webui

AI.DOLLAthleteVol.0051

AI.DOLLAthleteVol.0052

AI.DOLLAthleteVol.0053

AI.DOLLAthleteVol.0054

AI.DOLLAthleteVol.0055

AI.DOLLAthleteVol.0056

AI.DOLLAthleteVol.0057

AI.DOLLAthleteVol.0058

AI.DOLLAthleteVol.0059

AI.DOLLAthleteVol.00510